玄関ドアの作り方03:扉側に金具を取り付ける

金具を取り付けたところ
[Sponsored Link]

【1】セロテープで仮止めし、動かす

金具をセロテープで仮止め
ドア金具を[1]で切った扉とドア枠を作る柱材に
セロテープで仮止めして扉が開閉するか動かします。

こんな感じで動けば大丈夫!
扉完成の予定図
写真は次の工程でのモノなのでイメージだけ^^;
セロテープなので、多少動かしにくいですが、
大体の感じがつかめれば大丈夫です。
ちなみに使用した金具はこの大きさ↓
ドアを取り付ける金具
金具だけの写真忘れてました…
でも、こっちの方が結果的にわかりやすいかも(笑)

【2】金具の位置を決める

ドア枠に取り付ける柱
扉を受け取る柱(写真上)とドア枠板(写真下)を一緒に持ち
金具を取り付ける位置を決めます。

ドア枠内に収まるように位置を決める
この時、ドア枠の幅から扉を受け止める柱と
金具などがはみ出さないように注意して
金具の位置を決め、釘穴に印を付けます。

【3】ドア枠をカットする

ドア枠をカットします
※写真は横向きですが縦のドア枠板です!
ドア枠を扉の高さでカットします。
この時は、まだ縦に合わせる板のみカットします。
上下のドア枠は、左右のドア枠と扉を付けてから
サイズを測りカットします。
こうすると、長さが
「長すぎた!」とか「短すぎた!」など防げます。

【4】金具を取り付ける

付属の釘だとはみ出ちゃう…
コビョウ・ゴビョウと名称が若干違うみたいですが小さな釘です!
取付金具の付属釘だと上の写真のように
飛び出しすぎちゃうので、買ってきていた
コビョウも併用することにしました。

扉側に打ち付ける時は、付属品の釘にし、
ドア枠側に打ち付ける釘は、コビョウにしました。
それでも1mm程度飛び出しちゃいますが、
ドア枠は後ほど外壁にはめ込んでしまうので
ここでは処理せずにそのままにしておきました。

コビョウですが、本当に小さいです。
たぶん画びょうより針の部分が短い…。
手の小さい私でも打ちにくいのです^^;
「も~っ!イライラする!!」って時は
コビョウの長さ1/3~1/2程度
ドリルで軽く穴を開けておくと刺しやすいです!

 ↓こんな感じで。
0.5Φドリルで軽く穴あけ

【5】扉側に金具の取付が完了

金具を取り付けたところ
あれ?まだ1本打ち終わってない写真だ…。
もしどんな感じで取り付けるのかわからない場合は、
自宅の玄関とかドアとか見ると「なるほど~」って
わかりやすいと思います(ドア枠の作りも)!

次の工程は?
玄関ドアの作り方04:扉を受け止める柱を付ける
(ドア枠の内側に片面だけにある柱です。名称がわかりません…。)
[Sponsored Link]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ – 記事の追記更新について-

 当サイトは、シルバニアファミリーハウスを手作りする工程を記事にしています。以前に投稿した内容でも、材料を変更したり、作っている途中で工程や内容を変更したりします。その場合は、過去記事に追記をする事がありますので、気になる記事はお気に入り登録(ブックマーク)していただけると、いつでも最新の内容が読めるようになります。IEの場合は、マイクロソフト社のサイトをご参照ください。「お気に入り登録の手順」

玄関ドアの作り方(全5回)

お家と言えばまずは「玄関ドア」! 開閉する玄関ドアの作り方を写真付きで載せています。
 ⇒ 玄関ドア作り方第1回目へ

スライド式2枚窓の作り方(全2回)

2枚の窓ガラスを使用し、左右に動かせるスライド式の窓の作り方です。
 ⇒ 窓の作り方(スライド編)の第1回目へ
ページ上部へ戻る