05|再度、ホームセンターへ下見

再度、ホームセンターへ下見へ行き、
やっぱり桐材とヒノキ材で作ることにしました。

理由は、
・ヒノキ材の方が細かい材料が揃っていること
・MDF板だと角がボロボロになる可能性があること
・やっぱり子どもには天然素材を肌で感じてもらいたい

ので、使う材料を変更することに決めました。
記事を参考にされた方には、大変申し訳なく思います。
本当にごめんなさいm(_ _)m

ただ、ヒノキ材は売っている板の厚みが
すべて13mmなので、まだMDF板に未練がありますが、
今まで娘には天然木のおもちゃを与えてきた環境もあり
たぶん母としての見栄なんだなーと思います。
それに意外とヒノキ材が軽かった!(笑)

というわけで、外壁も桐材やヒノキ材で
作ることにしたわけですが、まだ板は購入しません。
まだ、大きさをハッキリ決めていないのと
開閉できるドアと窓のパーツ作りを先に行い、
それに合わせて家全体の大きさを決めたいからです。

最初に家の大きさを決めちゃうと
パーツ作りの時に細かすぎて
途中で挫折したり諦めて変更したりと
いろいろな問題もでてくると思うので
「それなら最初にパーツを作っちゃえ!」
という安易な考えであります、はい。
(本能人間なので…スミマセン)

2回目の下見でほぼ、購入するものを決定。
ただし一気に全部は買いません。
置き場所に困るっていうのもありますが、
作り途中で変更する場合もあるので、
まずは、ドアと窓のパーツ作りの材料を
購入するようにしました。

次の工程に進む
06|窓とドアのパーツ購入

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ – 記事の追記更新について-

 当サイトは、シルバニアファミリーハウスを手作りする工程を記事にしています。以前に投稿した内容でも、材料を変更したり、作っている途中で工程や内容を変更したりします。その場合は、過去記事に追記をする事がありますので、気になる記事はお気に入り登録(ブックマーク)していただけると、いつでも最新の内容が読めるようになります。IEの場合は、マイクロソフト社のサイトをご参照ください。「お気に入り登録の手順」

玄関ドアの作り方(全5回)

お家と言えばまずは「玄関ドア」! 開閉する玄関ドアの作り方を写真付きで載せています。
 ⇒ 玄関ドア作り方第1回目へ

スライド式2枚窓の作り方(全2回)

2枚の窓ガラスを使用し、左右に動かせるスライド式の窓の作り方です。
 ⇒ 窓の作り方(スライド編)の第1回目へ
ページ上部へ戻る