04|開閉する窓の構造を考える

窓も開閉するようにしたいので、
窓枠をはめ込んで作るのと
観音開きタイプで作るのと
どうしようか悩みましたが
透明のプラ板を使ってみたいので
窓枠を作って横スライド開閉する窓を
頑張って作ってみようと思います!

イメージとしては、こんな感じです。
開閉する窓の図案
[開閉する窓の図案]

溝を入れるとなると、
また新たな工具が必要だったり
板の厚みのそれなりに必要になるので
溝を掘るんではなく逆にしたらどうでしょう?

横から見たときのイメージ。
開閉する窓の図案(はめ込み部分を横から見た図)
[はめ込み部分を横から見た図]

窓枠に15mmの板を使うとして
真ん中と両端に窓が倒れないようにする
細い棒をくっつけたら、たぶん
溝を掘るのと同じようになると思うんですが^^;

いまパーツ作りで買ってきている中で
最小が2mm角のバルサ材なので
それを窓枠板に付けるようにします。

が、2mm×3本で6mm。窓枠の板幅が15mm。
15mm-6mm=9mm になるので、
プラ板を差し込む板が3mm。。。

要はこの3mmの木材が窓を開閉する時に
手で持つ部分になるので、
強度を考えるとなんだか心もとないですね。

なので、う~ん、どうしましょ。
2mmのバルサ材を1mm幅に切ってみたんですが、
これも強度として弱い感じなるので却下。
切るのがダメなら、潰してみたら?と思い、
指でぎゅ~っと潰す荒業に出てみました(笑)

そしたら1mm×2mm角のようになり
とっても良い感じになりました!!
2mm角のバルサ材を潰して訳mm幅にしたところ

そうすると大体11~12mmくらいあるので、
4~5mm幅の木材を使ってプラ板をはめ込めそうです!
開閉する窓の図案(はめ込み部分を横から見た図)
[はめ込み部分を横から見た図]

ちょうど4mm角の木材も買ってきているので、
これにプラ板を差し込んで窓を作りたいと思います!

次の工程にすすむ
05|再度、ホームセンターへ下見

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ – 記事の追記更新について-

 当サイトは、シルバニアファミリーハウスを手作りする工程を記事にしています。以前に投稿した内容でも、材料を変更したり、作っている途中で工程や内容を変更したりします。その場合は、過去記事に追記をする事がありますので、気になる記事はお気に入り登録(ブックマーク)していただけると、いつでも最新の内容が読めるようになります。IEの場合は、マイクロソフト社のサイトをご参照ください。「お気に入り登録の手順」

玄関ドアの作り方(全5回)

お家と言えばまずは「玄関ドア」! 開閉する玄関ドアの作り方を写真付きで載せています。
 ⇒ 玄関ドア作り方第1回目へ

スライド式2枚窓の作り方(全2回)

2枚の窓ガラスを使用し、左右に動かせるスライド式の窓の作り方です。
 ⇒ 窓の作り方(スライド編)の第1回目へ
ページ上部へ戻る