03|壁面の組立をどうするかを考える

家の壁木材にMDF板を使うとして
外枠を組み立てるときにどうするか。
箱部分の強度は、重要ポイントです。

旦那が、床板の四隅に柱を立てて
壁を作っていくとか言っていましたが、
それって本当に家を上棟するような作りじゃん…。

そんなことしたら
ドアとか窓とか作る時に面倒くさいじゃん!
なので即却下。はい、かるくスルーです。

窓とか作る時に板をくり抜きたいので
あまり厚みのある板は使いたくありませんが
そこそこ四隅を補強して強度を持たせないと
ぐ~らぐ~ら揺れちゃいます。。。

そんな家、人形といえども
安心して遊べないですよね^^;
なので、ホームセンターで見つけた
造作材を柱代わりにして作りたいと思います。

丸い棒を十字に切ったものがあり
(料理の切り方で言うとイチョウ切り)
それを四隅に置いて補強したいと思います。

たぶん文字で書いていても
読んでいる方は全然わかりにくと思いますので
これはきちんとイラストを作ってみました。

クリックすると別窓で拡大表示されます
壁面の組み立て方(柱使用)の参考イラスト

イラストは、箱を上から見た時の図です。
壁に使用する板だけで木ねじを止めようとすると
きっと割れちゃうと思うので柱を置きます。

柱は上にも書いたようにイチョウ型で、
90度の角がある木材になっているため
MDF板を直角に合わせる時も便利だと思います。

木工用ボンドと木ねじで
たぶんイケルはず。。。

まだ私も作り始めていないので
これはあくまでも考案です!
実際に作ってみたら追記で書き込みます
ので
しばらく経ったら再訪問してみてくださいm(_ _)m
(ブックマークして頂けるとすぐにチェックできて便利です
 手順の参考サイト:マイクロソフト社「お気に入り登録の手順」

[2012.12.12追記]
再度、ホームセンターへ下見へ行き、
やっぱり桐材とヒノキ材で作ることにしました。
理由は、ヒノキ材の方が細かい材料が揃っていることと
MDF板だともしかしたら角がボロボロになる可能性、
そして子どもには天然素材を肌で感じてもらいたいので
今回、予定を変更することに決めました。
記事を参考にされた方には、大変申し訳なく思います。
本当にすみません…。
[追記ここまで]

次は、開閉する窓の構造を考えてみたいと思います!
次の工程にすすむ
04|開閉する窓の構造を考える

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ – 記事の追記更新について-

 当サイトは、シルバニアファミリーハウスを手作りする工程を記事にしています。以前に投稿した内容でも、材料を変更したり、作っている途中で工程や内容を変更したりします。その場合は、過去記事に追記をする事がありますので、気になる記事はお気に入り登録(ブックマーク)していただけると、いつでも最新の内容が読めるようになります。IEの場合は、マイクロソフト社のサイトをご参照ください。「お気に入り登録の手順」

玄関ドアの作り方(全5回)

お家と言えばまずは「玄関ドア」! 開閉する玄関ドアの作り方を写真付きで載せています。
 ⇒ 玄関ドア作り方第1回目へ

スライド式2枚窓の作り方(全2回)

2枚の窓ガラスを使用し、左右に動かせるスライド式の窓の作り方です。
 ⇒ 窓の作り方(スライド編)の第1回目へ
ページ上部へ戻る