白米と玄米の必須アミノ酸比較表(「こめ」の場合)

2012.11.12|比較表 白米について 玄米について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

栄養成分/こめの種類
※「こめ」は炊飯前の状態
白米(100g当たり) 玄米(100g当たり)
バリン 389mg 422mg
イソロイシン 256mg 274mg
ロイシン 512mg 560mg
スレオニン(トレオニン) 215mg 251mg
リジン(リシン) 225mg 262mg
メチオニン 153mg 171mg
フェニルアラニン 338mg 354mg
トリプトファン 89mg 93mg
ヒスチジン
現在は、成人も必須とされている
164mg 194mg

※この比較表は、日本食品標準成分表をもとに作成しました。

カラダの20%は、タンパク質(アミノ酸)だった!?

よくCMなどで「体内の60~70%は水分です」とうたい文句が流れるので、
ご存知の方も多いのではないかと思いますが、
今回の件で知った「体の20%はタンパク質だった」ということ。

これには正直ビックリしました^^;
お米も大事だけど、お肉とか魚もきっちり
いろんな種類を食べておかないとダメですね~!

必須アミノ酸とは?

必須アミノ酸とは、体内で作られないアミノ酸です。
自然界に500種類以上あるアミノ酸ですが、
私たちの体を作っているタンパク質は、
なんとたったの20種類のアミノ酸で出来ているそうです!

肉・魚・穀物などに含まれるタンパク質が
体の中で20種類のアミノ酸に分解され、
再び体を作るためのタンパク質に組み換えられとのこと。

ただ注意しないといけないのが下記の一文。。。

20種類のうち11種のアミノ酸は、他のアミノ酸から体内で合成して
不足を補うことができますが、残る9種類は食事から取らないといけません。

なんと!全部が全部のアミノ酸が体内で作られているわけではなく、
体内で作られないアミノ酸が9種類もある
というのです。
そういえば学生の時に習ったかも~、すっかり抜け落ちていました( ̄□ ̄;

で、この体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」、
合成できるものを「非必須アミノ酸」と呼んでいるそうですが、
「非」と付いていてもタンパク質の合成には必要なので
そこは勘違いしちゃいけない部分
なんだそうです。

「こめ」の必須アミノ酸を比較してみて思ったこと

そんなに極端に数字が違うわけではありませんが、
やはり「毎日食べるもの」として見ると
1ヶ月・半年・1年・・・で考えた時、差が大きくなりますね^^;

そう考えると毎食でなくとも、
『1日に1食だけでも玄米ごはんに切り替える』と
健康にいいのかな~なんて思ってしまいますね!

今回は、体内で作られない「必須アミノ酸」の栄養成分を
白米と玄米で比較表を作ってみましたが、
実はコレ、炊飯する前の状態の時の栄養成分表なんです^^;

炊飯後の「めし」の場合、栄養成分が変わってしまうので、
下記記事の「めし比較表」もご参考にどうぞ^^

コチラ → 玄米と白米の必須アミノ酸比較表(炊飯後の「めし」)ページヘ

実は「めしの比較表」ですが、
作っている途中に大変なことに気がついきました!
あ、たんに私がおバカなだけだったということですが…^^;

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。