1合分で計算!玄米と白米の必須アミノ酸比較表(こめ・めし)

2012.11.14|比較表 白米について 玄米について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

1.こめの計算式
 100g × 1.5(1合:150g) = こめの必須アミノ酸量
2.めしの計算式
 100g × 3.4(1合を炊飯した時:340g) = めしの必須アミノ酸量

栄養成分/こめの種類
※こめ1合とめし1合分の値
白米
炊飯後の成分量
(炊飯前の成分量)
玄米
炊飯後の成分量
(炊飯前の成分量)
バリン 540.6mg
(583.5mg)
591.6mg
(633mg)
イソロイシン 357mg
(384mg)
380.8mg
(411mg)
ロイシン 714mg
(768mg)
782mg
(840mg)
スレオニン(トレオニン) 299.2mg
(322.5mg)
350.2mg
(376.5mg)
リジン(リシン) 312.8mg
(337.5mg)
367.2mg
(393mg)
メチオニン 214.2mg
(229.5mg)
238mg
(256.5mg)
フェニルアラニン 469.2mg
(507mg)
493mg
(531mg)
トリプトファン 122.4mg
(133.5mg)
129.2mg
(139.5mg)
ヒスチジン
現在は、成人も必須とされている
227.8mg
(246mg)
268.6mg
(291mg)

※この比較表は、日本食品標準成分表をもとに計算して作成しました。
※計算間違いがありましたら遠慮なくご連絡くださいませ。

1つ前の記事で、炊飯前の「こめ」の時の必須アミノ酸と
炊飯後の「めし」の必須アミノ酸を比較して
「差がありすぎる!!」とビックリした件ですが、
よく考えると同じ100gで比較しちゃダメなんですよね^^;

そこで今回の比較表は、お米1合を炊飯した時の
必須アミノ酸量を計算し直した表
を作ってみました!

前回の記事「必須アミノ酸比較表(炊飯後の「めし」)」の
最後の方に詳しく書きましたが、上表のように計算した結果となります。

こうやって「1合」で見てみると・・・

やっぱり わかりやすいですね~!

国の基準なのか何なのかわかりませんが、
大体どの袋のパッケージを見ても全部栄養成分って
「100g当たり」とか「100ml当たり」で書かれていて
じゃあ、これ実際いくつになるの?」って思ったことありませんか?

特にチョコレート菓子とか脂肪分の多いヤツ。
気になるのにわかりにくじゃないのっ!!って(笑)

今回、100gでこめやめしの比較表を作っても
実際のところ作った本人でさえも理解できていませんでした!

でも、1合に直してみた途端に、なんとなくでも
「あ、私いつもコレくらい摂れているんだ」って
思える栄養成分の比較表になりました^^

我が家は、毎日3合炊いてちょうど食べきる量ですが、
たぶん私が1日に1合を食べていて、娘が0.5合、
残りの1.5合を旦那が食べている感じだと思います。

あ、カレーライスとか丼ぶりモノだと
もっと炊きますので、毎日の平均です(笑)

で、やっとここまできて
じゃあ私やそれぞれ家族にとって必要な栄養成分量は?って
本題に入れると思うんです。長かったですね~^^;

早速「必須アミノ酸 摂取量」というキーワードで調べましたら
「AJINOMOTO♪」のCMなどで有名な企業さん(笑)

そう、味の素さんの運営されているサイトで
生後半年~成人までの必須アミノ酸摂取量が書かれた表がありました!
必須アミノ酸の摂取量/日(味の素さんが運営するサイト内より)
※この画像をクリックすると味の素さんの運営するサイトページへ移動します。
必須アミノ酸の摂取量/日ページを見る(味の素さんのサイト内)

アミノ酸のことについても詳しく掲載されているので、
こういった食品を扱う大手企業さんのサイトは、ホント勉強になりますね!

私の場合、読んだだけでわかった気になってるだけですが(笑)

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。