老後の健康と子どもの健康を守るのは「私の仕事!」

2012.11.5|健康面から炊飯器を選ぶ サイト管理人について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

結婚生活約8年目。
ずっと家族の食事を作ってきたわけですが、
年を取るごとに「食事の栄養バランス」が気になり始めました。

20代のころって、多少ムチャをしたって何とかなってたんです。
でも、30代でガクンときて、さらに35歳で再びガクン・・・(笑)

我が家は、歳の差婚なので旦那は、40代なかば。
なので、そろそろ病気にも気を使う年代に入りました。

何度か雑穀を混ぜた「雑穀ごはん」に変えてみたり、
「発芽玄米を購入」して、白米と混ぜて炊いたりしていましたが、
旦那から「飽きた」とか「白米だけがいい」と言われると
在庫がなくなった途端に白米だけの食生活に戻る。

こういう食生活をずっと送って来ましたが、
私の二人目不妊の体質改善や冷え性改善もあるので、
今年の夏を境にさらに食生活を気にするようになりました。

老後の健康と子どもの健康を守るのは「私の仕事!」

食事には気を使うものの、具体的にコレと言って解決策もなく、
時には、面倒くさいからレトルトやチン!の食事だったり・・・。
週に何度もあるわけではありませんが、月3回くらいは利用していました。

でもある時、食事前にお菓子を食べたがる娘に旦那が言った言葉・・・

「お母さんは、パパや◯◯◯(娘の名前)の健康を考えて
美味しいごはんを作ってくれているんだから、ごはんをしっかり食べなさい!」と。

この言葉を聞いて、
「あー、この人は、こんな風に感じてくれていたんだ」
「ありがとう」という気持ちになりましたが、同時に生まれた
「本当に今の食事で栄養バランスが摂れているだろうか?」
という心配の種が生まれた瞬間でもありました。

今はまだ「働き盛り」の私たち夫婦と
これからまだまだ「成長期」が続く娘の健康を考えると
今のままではダメかも!?という思いに変わり
それなら家族の健康管理を「私の仕事」として捉えてみたらどうかな?

面倒くさがり屋の私ですが、自分の性格上
「仕事」として取り組めば案外できそうかなーと思えました(笑)

じゃあ、どうやって栄養バランスを取ればいいのか考える

一般的に野菜は1日に30種類を取らないとダメとかCMで流れていますが、
冷蔵庫にそんなに種類を揃えておけるわけではありませんよね?
それに料理もレパートリーがありません。もちろん子どもの好き嫌いも^^;

まずは、このあたりを「簡単」にできる方法がないか考えたいと思いますが、
長くなったので、この話は違う日に投稿したいと思います。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。